FC2ブログ

記事一覧

第54回「サクラサク少し前の出来事」

あれは何日だったろうか?

2014年の3月11日の週だったと思います
メンバーのツイッターから
「大切なお知らせ」らしきものが
一斉に発せられたと思います

勿論何の知らせかは覚悟はできてました
今年度の「卒業」です
問題は何人なのか?って事でした

そう思いながら
貼られた「毎日開花宣言」のブログを
開きました

順は不同ですが
僕が予想してた、福田麻貴さん、加藤茉奈さん
中上亜耶さん、八木沙季さんの名前は
ありました

でも、それだけには止まりませんでした

山口綾子さん、小寺真理さん、金沢沙里衣さんの名前もあったのでした

………?
15人のグループから7人も?
7人⁉︎ しかも、りんごあめとサリーちゃん?
全く予想していなかっただけに
頭の中は真っ白になりました

どういう事が起こったかというと…

つぼみのブレイン的存在だった:まきちゃん
つぼみのエース:まりこりん
つぼみで1番人気があった: あやつるぽん
つぼみで1番の先輩:ぐっさん

これが一斉に卒業となるというのです
これが頭が真っ白にならない訳がありません

つぼみ終わった…
とまでは思いませんでしたが
一体この先続けられるんだろうか?って
心配がまず頭をもたげました

りんごあめは、まりこりんは新喜劇に入団が決まり目出度かった反面、相方のぐっさんは芸能界引退という悲しい知らせもありました

ぐっさんは本当器用で、お笑いもダンスも汚れ役も全部引き受けてくれる、才能の塊の様な人だったんで未だに勿体無いなぁという想いが僕の中にはありますが、本人が選んだ道なんで仕方ありませんでした

また、みんなの姉御的存在だった:まなてぃこと加藤茉奈さん、目立たないキャラとして愛された、サリーちゃんこと金沢沙里衣さんも芸能界引退となり、初期から盛り立ててくれたメンバーともう会えなくなるのか…と思うと本当に寂しかったでした

これを卒業15日くらい前に告げられたファンはみんな唖然としたと思います
あまりにも時間が無さ過ぎた

ただ、僕の中では一筋の光が伸びた事がありました
それは推しの福田麻貴さんが東京に芸人として上京してくるというものでした
これには大阪のファンには申し訳ないですが、ガッツポーズが出たものでした

この時点でメンバー全員が出れるイベントが残り2つしかありませんでした

それは3月30日の卒業公演であり、
もう一つは3月16日のOBPのビルでの無料イベントでした
僕はすぐさま夜行バスを取り、向かう準備をしました

このタイミングで「家族の絆・親子の絆フェスタ」という堅いイベントに何故か呼ばれたのは正に奇跡だった気がします

つぼみの出番は約45分
セットリストは「Are You Ready」「Lost Love」「君の元へ」「Cheer Up」「Vitality!」
もう今では聴けない曲も多いですが、この時点のベストセットだったのでは
途中でイベントに合わせて、メンバーが親への感謝の手紙を読むコーナーでは涙などもあり、ホッコリしました
逆に普段のつぼみ公演よりもつぼみのアイドル的な部分が浮き上がる持ち時間だった気がしました

僕は、今でもそうですが、席は前だろうが後ろだろうが観れればOKなタイプなんですが、この日は流石に1番前で見たいと思いました
ファン歴3年半目にして、初めてつぼみが歌う姿を間近に観たのでした
3月30日の公演はそんなに前の席ではないのが決まっていたので、ただただ15人の姿を目に焼き付け様と観た覚えがあります

本当にこの15人編成のつぼみは、ちゃいのいた10人、そして現在の9人のつぼみを除けば、1番いい「グループ」だった気がします
前年5月から誰1人も欠ける事も無く、りんごあめやまきちゃんやまなてぃの様な長女がおり、ヤンチャなシュークリームや緩いこまピペやさきぴょんの様なバラエティ豊かな次女がおり、恵梨華ちゃん、イオン、ちゃいの様な末っ子がいるこの体勢は、今までの「ガールズユニット」つぼみには見られなかった絆みたいなものが感じられました
少なくとも僕はそう思ってました

だから、本当にこの大好きな15人がバラバラになってしまうのが悲しかった
2月に感じた「虫の知らせ」のおかげでこの15人と最後に向かって一緒に濃密な時間を過ごせたのは本当に今でも良かったと思います

イベントのおわりには、なんとメンバーがプリントされた大きなえびせんが配られました
普段のつぼみイベントでもまず考えられないお土産まで貰え、しかもこのタイミングでなんて神イベ以外の何モノでもありませんでした

イベントが終わり、なんとなくボーっとそのビルの外で漂ってると、帰り支度のつぼメンがやってきました
特に声を掛けるでもなく、何となく手を振りました。ボーっしていたせいでなんか陽炎でも見ている様な気分でした

この時のイベントは、僕がいくつか観たつぼみライブの中でも、忘れられないライブの一つになりました
実は卒業公演よりもこっちの方が想い出深かったりします

2014年3月
そして、僕が大好きだった一つの時代がもうすぐ終わろうとしていました

本日は以上! それでは、乙! ムネハレー‼︎
スポンサーサイト

コメント

「これは粛清だ」
最初はそうとだけ受け取ってました。

なんにせよ、衝撃を受けるほど付き合いも長くないし、一人が新喜劇に来るのは悪い話しじゃなかったですし。なのでこの春先に事は割と簡単に受け流しました

ただ同時に、残ったメンバーとの関係は大事にしようと思いましたし、自分の本当の意味でのつぼみファンと言うのは、これから始まるとは感じてました

つぼみ立ち上げの頃を知るファンではないけど、2014年の春を知らないほど新しいこともないファンの受け止め方って、こんなものです

No title

この時のお知らせは本当に衝撃的でしたね。
しかも、ラストまで残り半月しかなかったわけで・・・

自分でも信じられないぐらい心が動揺して
つぼみが自分の中でどれだけ大きな存在だったか
初めて気づいた瞬間でもありました。

Re: Taku.Kさん

コメントありがとうございます

なるほど、面白い考えですね(^^)
まだファンになりたてだったらそういう考えになっても
なんらおかしくはないですね

この年のメンバー卒業は勿論面談して決めたんでしょうけど、
その中で辞めていくメンツを見て
IGO氏がユニットではなく、パーマネントなグループとして
つぼみを成立させようと考えた意思はあったでしょうね
年齢的にも若返り、同い年くらいのメンバーだけ残りましたから

Re: ころねこさん

コメントありがとうございます(^^)

> この時のお知らせは本当に衝撃的でしたね。
> しかも、ラストまで残り半月しかなかったわけで・・・

本当半月は短かったですよねぇ

> 自分でも信じられないぐらい心が動揺して
> つぼみが自分の中でどれだけ大きな存在だったか
> 初めて気づいた瞬間でもありました。

確かに!
僕もこの半月はスゴくエモかった覚えがあります

No title

つぼみの大変革の時期だったのかな?
いまでこそ「つぼみはみんな仲がいい」とメンバー同士も言ってるけど、当時はそれぞれの思惑があり、みんなアイドルになりたくてつぼみに入ったけど4年やってもブレイクしなさそうだし、人生の岐路に立ってたと思います。もしあの時、こまごめも辞めていたら、つぼみは早晩、解散していたでしょう。だから僕は今でもあの二人(こま)に感謝しています。まーぼうが抜けたあと優華がリーダーになって大丈夫かいな?と思ったこともありますが、少なくなった分それぞれが「自分が頑張らねば!と」いう気持ちも目覚めてきたのでしょう。・・吉本坂の全記録で、まりこりんも、あやつるも言ってましたが、やはり心のどこかでアイドルとしてもう一度、花咲かせたいという気持ちもあったのは間違いありません。つぼみ9年目を迎える2019年、くしくもあの3月30日に「ワンマンライブを開催するのも運命だったのかもしれません。もう重大発表がないことを祈ります(*´ω`*)

Re: No title

淳さん、コメントありがとうございます(^^)

本当、淳さんが書いてる事、僕も同意する部分が多々ありますね
ここまでのつぼみは「ユニット」だったと思うんですよね、やっぱり
メンバーそれぞれの思惑なり、理想なんかがあったりして、個人の事情で脱退が決まった時期なのかなぁと、これだけ多くの人が辞めてたら思いますね
こまピペも勿論ですが、他の6人も辞めずにいてくれたからこその、この後のつぼみがNGKまで駆け抜けられたんだと思います。本当にありがたい事ですね(^^)

本当だ!淳さんに言われるまで、野音が同じ5年後の3月30日とは気付きませんでした!流石です(^^)

No title

淳さんこんにちは。
たしかに同じ3月30日ですね!!!
ってことは、
優華ちゃんがリーダー就任、5周年の記念日ですね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽんさん

Author:ぽんさん
このブログは大阪の吉本所属のアイドル:つぼみを意識低い系の東京在住ファンが580kmの距離を越え、如何に9年も好きでいられたかを凡庸な文章で綴るある意味、ヲタクになりきれない、アイドルファンの自叙伝でございます

カテゴリ